アロマディフューザーとは?

アロマディフューザーとは、精油(エッセンシャルオイル)をミスト状にして空間に香りを拡散させる装置のことです。気軽にアロマを楽しめてインテリアとしてもオシャレな物が販売されていることもあり、人気が高まっています。このページではアロマディフューザーの種類や機能などの概要や、人気の理由を解説していきます。

アロマディフューザーの種類

アロマディフューザーは「超音波タイプ」「スチームタイプ」「エアータイプ」の3種類があります。それぞれの特徴をみていきましょう。

超音波タイプ

超音波タイプのアロマディフューザーは、香りの元となる精油と水を超音波の力でとても細かい粒にして(微粒化)空気中に拡散させることで香りを届けてくれます。超音波タイプは熱を使用しなくてよいので精油本来の香りを楽しむことができます。また、安全で手軽に使えるということもあり超音波タイプのがアロマディフューザーの中では1番人気です。

スチームタイプ

スチームタイプは、精油を混ぜた水を加熱することで蒸気(スチーム)を発生させて空気中に拡散させる方式のアロマディフューザーです。加湿器にアロマ機能を追加したと考えるとわかりやすいと思います。香り機能よりも加湿機能を重視して考えている方におすすめです。熱を利用するので精油が持つ本来の香りが薄れてしまうことがデメリットです。また熱を利用するので小さいお子さんやペットを飼っているご家庭は安全に注意して使用する必要があります。

気化式

気化式は、水を使わず空気によって精油を細かい粒にして香りを拡散させるものです。水を使用しないため、水やオイルを補給する手間がほとんどかからないというのが大きなメリットです。また、熱も使用しないため安全に使用することができます。業務用として利用されることが多いです。超音波タイプとスチームタイプに比べて、高価になる傾向があります。

アロマティフューザーが人気の理由

アロマディフューザーはなぜ今こんなに流行しているのでしょうか。
人気の理由は以下のようなものが多いです。

・アロマキャンドルのように火を使わないので安全。
・小さな子どもやペットがいても安心して使用できる。
・タイマー機能もついているので眠る時も放置したままでいい。
・加湿をと香りを同時に1つの商品で楽しめる。
・インテリアとしてもオシャレで可愛い。
・ライト付きの商品も多いので間接照明としても使える。
・手入れが簡単で長く使用できる。

まとめ

・アロマディフューザーとは、精油(エッセンシャルオイル)をミスト状にして空間に香りを拡散させる装置のこと。

・アロマディフューザーは「超音波タイプ」「スチームタイプ」「エアータイプ」の3種類があります。
それぞれ特徴を見て使用目的に合ったものを選びましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ