アロマディフューザーの使い方と注意点

アロマディフューザーの使い方2ステップ

アロマディフューザーを使用する簡単2ステップをお伝えします。 
 

ステップ1:精油(エッセンシャルオイル)を選ぶ

まずは精油(エッセンシャルオイル)を選びましょう。好きな香りで選んでも良いですし、悩みや感情に合わせて選ぶのもよいでしょう。精油にはそれぞれ香りの特徴があると同時に様々な効能があります。落ち込んでる時に気分を盛り上げてくれるものもあれば、感情的になっている時に冷静にさせてくれる精油もあります。具体的な精油の効果は精油(エッセンシャルオイル)一覧ページを参考にしてください。精油の価格はピンキリであり10mlで1000円程度のものもあれば、10mlで20000円という高価なものもあります。匂いは人によって好き嫌いがハッキリ分かれるので、精油を選ぶ時は店舗にいって実際に香りを嗅いで購入しましょう。
  

ステップ2:水と精油を入れてスイッチオン

アロマディフューザーは誰でも簡単に使用できるように設計されています。1番ポピュラーな超音波式アロマディフューザーであれば、容器に水と精油を入れて電源スイッチを押すだけでOKです。あとは自動で部屋中にステップ1で選んだ香りが広がります。熱を使うこともないので安心して使用できます。タイマー機能が付いている商品であればそのまま眠ってしまっても大丈夫です。お気に入りの香りに包まれて眠るのは本当に幸せです。

アロマディフューザーのメンテナンス方法

アロマディフューザーのメンテナンス方法はとっても簡単。中性洗剤でさっと洗ってすすぐだけでOKです。精油は脂溶性で水に溶けないため中性洗剤が必要になります。

アロマディフューザーの注意点

便利で簡単安心に使えるアロマディフューザーですが、使用にあたっての注意点があります。

ミネラル水は使用しない

アロマディフューザーで使う水はミネラル水を使用せず、水道水を使用するようにしましょう。ミネラル水を使ってしまうと細菌やカビが繁殖してしまうためです。水道水であれば細菌を殺すカルキが含まれているので水道水を使用するようにしましょう。

使い終わった後は布でタンク内の水を拭き取る

アロマディフューザーを使用し終わった後は水を捨てて、タンク内の水分を布を使って拭き取りましょう。水分が残ったままにしておくと細菌やカビが繁殖してしまうので注意が必要です。

妊娠中の方は精油選びに注意

精油の中には妊婦にとって悪影響を与えてしまう成分を含んだものも存在します。妊娠中の方は選んだ精油の効能をよく読み、悪影響がないか確認してから購入するようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ