アロマキャンドルの種類

アロマキャンドルと一口に言っても、様々な形状種類があります。
今回は形と用途別に主要なアロマキャンドルの種類を紹介していきます。
あなたのお気に入りのキャンドルもきっと見つかるはず。

ラウンドキャンドル

ラウンドキャンドルとは欧米で古くから使用され親しまれてきたシンプルな円柱形のキャンドルです。
ラウンドキャンドル

テーパーキャンドル

テーパーキャンドルとはスティック状の長細いキャンドルです。フォーマルな席の時にも使用され、キャンドルスタンドに立てて火を灯します。テーブルの人数によって1灯や2灯、3灯立てなど適切なスタンドを選びます。誕生日のケーキに使用される小さいキャンドルもターパーキャンドルと勘違いされがちですが、正しくはスリムキャンドルという名前があります。
テーパーキャンドル

フローティングキャンドル

フローティングキャンドルとは水に浮かべて使用するキャンドルです。ロウは水よりも軽く水に浮かぶため、その性質を利用しキレイに水の上に浮かぶように形が整えられています。水に浮かべて使用するため安全性が高く、またロウ垂れを気にしなくてすむのが特徴です。お風呂に浮かべて楽しめることから、お風呂のリラックスグッズとしても人気が高いです。
フローティングキャンドル

カップキャンドル

カップキャンドルとは、プラスチックカップやアルミカップに入ったキャンドルです。アルミカップのキャンドルは「ティーライト」とも呼ばれています。コンパクトで非常に使いやすく初心者にもおすすめで、キャンドルホルダーに入れて使うのが一般的です。カップキャンドル用のキャンドルホルダーは様々な商品が登場しており、キャンドルホルダーのバリエーションでも楽しむことができます。
カップキャンドル

グラスキャンドル・缶キャンドル

グラスや缶や陶器などの不燃性の器にロウを流し込んだアロマキャンドルです。キャンドルホルダーなどを用意する必要がないため、気軽に使用することができます。グラスや缶ごとに使いきります。フタ付きのものは芯が折れないため持ち運びに便利です。
グラスキャンドル・缶キャンドル

モチーフキャンドル

モチーフキャンドルとは動物やハートなど何かの形をモチーフにして作成されたものです。通常は不燃性のプレートの上で使用されます。インテリアとしてや記念品として扱われ燃やさずに飾って香りや形を楽しむことがほとんどです。燃やしてしまうとロウが垂れやすいので注意が必要。
モチーフキャンドル

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ