アロマテラピーの3つの効果を徹底解説

アロマテラピーには①心に対する効果、②身体に対する効果、③皮膚に対する効果の3つの効果があります。アロマテラピーを上手く活用することにより心、身体、皮膚を同時にケアすることもできます。それでは、それぞれの効果について詳しく解説していきましょう。

心に対する効果

人は香りを嗅ぐとエンドルフィン、セロトニン、アドレナリンなどが分泌されます。これらの成分が多幸感や情緒安定、心を落ち着かせたりする効果をもたらします。香りによって作用される大脳辺縁系、視床下部、下垂体といった脳の部位は情動、記憶、食欲、性欲、睡眠欲、自律神経などの働きを調整しています。香りにはその香り独自の働きがあり、心を鎮めたりポジティブにしてくれるものがあります。その時々の症状や状態に合わせて必要な香りを使いましょう。香りが持つ心への効果はカウンセラーにも注目されており、カウンセリングルームに患者を落ち着かせる香りを準備しているクリニックも増えてきました。

身体に対する効果

精油の成分には人間の身体に良い影響を与えてくれるものが数多くあります。免疫系を強化してウイルスや細菌と戦う力を強めてくれたり、血液やリンパの流れを促進してくれたり、腎臓・肝臓・胃などの各器官の働きを調整してくれたりとその効果は様々です。他には筋肉の緊張を和らげたり、痛みを軽減する効果をもつ精油も存在します。医療の分野でも香りはその効果が認められており、海外では医療行為として認められている国もあります。日本でも研究が進んでおり、少しずつではありますが医療の分野にアロマテラピーが取り入れられてきています(メディカルアロマテラピー)。

皮膚に対する効果

精油の中にはスキンケアや美容に役立つものが多数あります。殺菌消毒作用、ニキビケア、傷のケアなどその用途は様々です。また、皮膚と心は密接に通じていると言われ、皮膚への優しいマッサージと香りが情緒を安定させてストレスに対しても良い影響を与えます。マッサージと香りによりリラックスすることで血流の流れが改善され、新陳代謝の活性化にもつながるとされています。美容ケアとしてのアロマテラピーはますます注目を集めてきています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ