ベンゾイン(安息香)の精油の効果・効能

バニラに似たやわらかくデリケートな甘い香り

ベンゾインはエゴノキ科の樹木です。樹皮に樹脂道をもっており傷口から樹脂がにじみでてきて空気に触れると固まります。古代では貴重な香料とされ儀式などに使用されていました。

効果効能

心がピリピリして言動がトゲトゲしくなってしまっているときにオススメの精油です。心と体をホッとさせる鎮静作用があります。
 

心への効果効能

緊張やストレスをほぐす効能があります。クッキーのような優しくて甘い香りをもち、心をホッと温めてく包まれるような感覚になります。一人で静かに過ごしたいときにオススメです。

 

症状

緊張、ストレス、頭痛、イライラ、精神疲労

 

身体への効果効能

鎮静作用や抗菌作用や抗ウイルス作用があり、リラックスすることで体内の血流を促進し血圧を下げる効能があります。去痰作用もあり、蒸気を吸入すると肺や気管支炎などの呼吸器の粘膜を刺激し痰を排出しやすくしてくれます。

 

症状

膀胱炎、風邪、気管支炎、咳、痰

 

肌への効果効能

傷を癒やす効能があり傷ついた肌や、乾燥肌、老化肌に効果を発揮します。市販の無香料クリームやキャリアオイルなどを基材にしたクリームに1,2適混ぜると使用しやすいです。

 

症状

あかぎれ、傷、しもやけ、ヒビ割れ、乾燥肌、皮膚炎、かゆみ、ニキビ、ケロイド、傷跡

主な芳香成分

酸類 安息香酸10~35%、、桂皮酸20~80%
アルデヒド類 バニリン2%
微量成分 ベンズアルデヒド、安息香酸ベンジル、安息香酸コニフェリル、桂皮酸コニフェリル

購入のポイント

価格:10mlで2100~4000円

100%原液の精油も販売されていますが、粘度が高いので希釈されたものを購入するのが一般的です。冬は固まってしまうので暖かいところに置くようにしましょう。

注意事項

  • 香りが強いので30mlの基材に1~3適が適量です。
  • 妊娠初期は使用を避けましょう。

データ

学名 Styrax benzoin(スティクラス ベンゾイン)
Styrax tonkinensis(スティクラス トンキネンシス)
科名 エゴノキ科
主な産地 ラオス、タイ、スマトラ
抽出部分 樹脂
抽出方法 水蒸気蒸留法、有機溶剤法
主な作用 鎮静、鎮痛、精神安定、催淫、精神高揚、癒傷、利尿、去痰、抗カタル、抗菌、抗ウイルス
ノート ベース
ブレンドファクター 1~2
主な使用方法 アロマバス、トリートメント、スキンケア、ヘアケア、芳香浴

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ