カモミール・ローマンの効果・効能

甘さと酸味のある青りんごのような香り

カモミール・ローマンは草丈30cmほどの多年草。ジャーマン種よりも花が大きく、苦味があります。古代ギリシア人には「大地のりんご」と呼ばれていました。

効果効能

激しく動揺している時におすすめです。心を鎮めて安心させる効能があります。強いストレスや精神的ショック、心理的トラウマなどに効果があります。
 

心への効果効能

カモミール・ローマンは中枢神経を鎮める作用が強いです。外部からの刺激を遮断するようなイメージ。突然の悲劇や悲しみなど精神的ショックが大きいときや、過度な興奮、極度の緊張を収めてくれるのに役立ちます。

 

症状

不眠、不安、緊張、ショック、恐怖、心配、興奮、躁状態、パニック、出産、動悸、高血圧、更年期障害

 

身体への効果効能

加温する作用のある精油とブレンドして痛み、痙攣、炎症がある部分に塗布されることが多いです。消化不良や胃腸の不調にはレモンやマンダリン、プチグレン、フェンネルなどとブレンドされます。作用は少し弱いですが月経を促す力があり、月経不順や更年期の女性に使用されることもあります。

 

症状

アレルギー性鼻炎、花粉症、肩こり、筋肉痛、神経痛、頭痛、リウマチ、月経痛、嘔吐、胸焼け、胃酸過多、腸内ガス、消化不良、歯肉炎、外陰部のかゆみ

 

肌への効果効能

アレルギー性の皮膚炎や痒みの緩和に使用されます。日常的なスキンケアにもよく使用され、子どもや高齢者も安心して使用できる精油です。

 

症状

蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、湿疹、痒み、しみ、そばかす、ニキビ

主な芳香成分

エステル類 アンゲリカ酸イソブチル30~40%、アンゲリカ酸イソアミル15~20%、アンゲリカ酸メチル5~10%
ケトン類 ピノカルボン2~15%、ピノカンフォン〜5%
モノテルペン炭化水素類 リモネン〜5%、α-ピネン~5%

購入のポイント

価格:10mlで6200円〜13000円

香りや作用が強く、使用料は少量で良いので1〜5ml単位での購入がおすすめです。

注意事項

  • 香りが強いので少量(30mlの基材に1~2滴)が適量。
  • 妊娠初期は使用を避けましょう。
  • 妊娠中期・後期はの使用は可能ですが体調に配慮しましょう。
  • 作用が強い向精神薬、鎮静剤、睡眠剤と併用するのは避けましょう

データ

学名 Anthemis nobilis(アンテミス ノビリス)
科名 キク科
主な産地 フランス、イタリア、ハンガリー
抽出部分 花(半乾燥させた花)
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な作用 鎮静、鎮痛、抗痙攣、血圧降下、胆汁分泌、駆風、消化促進、抗アレルギー、抗炎症、抗菌、抗ウイルス
ノート ミドル
ブレンドファクター 1
主な使用方法 アロマバス、トリートメント、スキンケア、ヘアケア、芳香浴

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ