クラリセージの効果・効能

スパイシーで甘さのる落ち着いた香り

クラリセージは標高1000mほどの石灰質や砂質の土壌でよく生育し、薄紫やピンクの花を初夏に咲かせます。マスカットワインの風味付けに使用されることからマスカットセージと呼ばれます。

効果効能

神経を強化する作用があるのでイライラや強い緊張を感じている時におすすめです。女性向きの精油で、月経前やホルモンバランスが乱れたと感じるときに調整する作用もあります。
 

心への効果効能

精神的混乱や不安が強い時に使用すると心を落ち着かせてくれる作用があります。刺激と鎮静の両方の効果があり、緊張緩和と同時に高揚して多幸感をもたらせてくれます。アロマバスが手軽でおすすめです。

 

症状

緊張、不安、不眠、恐怖、うつ状態、精神疲労、混乱、落ち込み、情緒不安定

 

身体への効果効能

主に女性向けに使用されます。クラリセージに含まれるスクラレオールは女性ホルモンと同様の効果があり、月経周期の乱れや更年期に起こる様々な症状を緩和してくれます。通経作用があるため妊娠中は使用を避けたほうがいいですが、出産準備や分娩時に使用されることも多いです。また、動悸や高血圧、不眠、消化不良など胃腸の不調にも効果があります。

 

症状

更年期、月経痛、少量月経、月経不順、膀胱炎、PMS、冷え性、高血圧、動悸、肩こり、筋肉痛、頭痛、過敏性腸症候群、高コレステロール

 

肌への効果効能

皮脂バランスを調整してくれる効能があり、皮脂の分泌が多く皮膚や頭皮が脂っぽくなってしまう方におすすめです。

 

症状

ヘアケア、ふけ、脂性肌、ニキビ

主な芳香成分

モノテルペンアルコール類 リナロール10~25%、α-テルピネオール2~5%
ジテルペンアルコール類 スクラレオール~5%
エステル類 酢酸リナリル60~80%、酢酸ゲラニル〜2%、酢酸ネリル〜2%
セスキテルペン炭化水素類 ゲルマクレンD~10%
微量成分 β-カリオフィレン、ゲラニオール

購入のポイント

価格:10mlで3000円〜4200円

セージと間違えないように要注意です。クラリセージには毒性の強いケトン類のツヨンは含まれませんがセージには50%以上含まれます。

注意事項

  • 使用後にアルコール摂取は避けましょう。
  • 妊娠中は使用を避けましょう。37週目以降には使用可能。
  • 車の運転など集中しなければならない時は使用しないようにしましょう。
  • 乳腺症、乳がん、ホルモン治療中は使用しないようにしましょう。

データ

学名 Salvia sclarea(サルウィア スクラレア)
科名 シソ科
主な産地 フランス、イタリア、ロシア、モロッコ
抽出部分 花・葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な作用 鎮静、抗うつ、抗不安、神経強壮、多幸感、自律神経調整、ホルモン調整、血圧降下、抗痙攣、鎮痛、抗炎症、抗菌、抗ウイルス、抗真菌
ノート ミドル
ブレンドファクター 4
主な使用方法 アロマバス、トリートメント、スキンケア、ヘアケア、芳香浴

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ