サイプレスの効果・効能

マツを思わせる、クリアで心を落ち着かせる香り。

サイプレスの和名はイトスギです。針葉樹。死の悲しみや恐れを乗越える強さを与えてくれる神聖な木として寺院や墓地によく植えられています。

効果効能

感情の起伏が激しい時に、気持ちを落ち着かせてくれる作用があります。現実を受け止め前を向くことを手助けしてくれる香りです。
 

心への効果効能

サイプレスに含まれる成分であるセドロールは心拍と呼吸頻度を安定させる作用があります。感情の起伏が激しく冷静な判断ができないときにおすすめです。副交感神経の働きを高めて血流促進の作用もあるので、体中の血の巡りがよくなることで気力も上昇します。

 

症状

興奮、記憶力低下、集中力低下、衝撃、ショック、喪失感、うつ状態

 

身体への効果効能

顔のほてりやのぼせなど更年期の不調に使用されます、月経不順に付随する症状にも効果があります。また、体内にある余分な水分と老廃物の排出に役立つので肥満やセリュライトにはおすすめの精油です。

 

症状

更年期、月経痛、月経不順、月経過多、PMS、風邪、咳、喘息、気管支炎、膀胱炎、むくみ、肥満、冷え性、リウマチ、関節炎、腰痛、肩こり

 

肌への効果効能

体臭や発汗を抑える作用があります。ニキビや吹き出物、皮脂肌などにも効果があります。

 

症状

ヘアケア、発汗、ニキビ、毛穴のひろがり

主な芳香成分

モノテルペン炭化水素類 α-ピネン40~65%、δ-3-カレン15~30%、リモネン~5%
セスキテルペン炭化水素類 α-セドロン〜5%
セスキテルペンアルコール類 セドロール2~10%
エステル類 酢酸テルピニル~5%
ジテルペンアルコール類 マノオール 微量

購入のポイント

価格:10mlで2000円〜3780円

新鮮なものを購入するようにしましょう。古くなり劣化するとアレルギーを引き起こしやすくなってしまいます。

注意事項

  • 高濃度で使用すると皮膚刺激が強いので敏感肌の方は要注意です。
  • 妊娠初期は使用を避けましょう。中期・後期は使用可能です。

データ

学名 Cupressus sempervirens(クプレッスス センペルウィレンス)
科名 ヒノキ科
主な産地 フランス、イタリア、スペイン
抽出部分 果実・葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な作用 鎮静、自律神経調整、神経強壮、ホルモン調整、収れん、抗痙攣、うっ滞除去、鎮咳、血管収縮、抗菌、抗ウイルス、制汗
ノート ミドル
ブレンドファクター 4~5
主な使用方法 アロマバス、トリートメント、スキンケア、ヘアケア、芳香浴

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ