フランキンセンス(オリバナム、乳香)の精油の効果・効能

澄みきった甘さがあるレモン風の香り

フランキンセンスは乾燥した半砂漠地域に育つ梅に似た外観の低木です。幹からしみ出る乳白色の樹脂は乳香と呼ばれ、古代エジプトでは燃やして太陽神ラーに捧げれていました。

効果効能

精神を高揚させると同時に心を鎮める効果のある精油です。不安定に揺れる気持ちを安定させる香り。
 

心への効果効能

人を瞑想状態へと導く鎮静の効果がある香りです。フランキンセンスは神聖な儀式の際に使用されていました。未経験のものに対する恐怖にも役立ちます。

 

症状

イライラ、うつ状態、緊張、ショック、不安、パニック、

 

身体への効果効能

殺菌消毒、鼻や喉の粘膜を鎮静し過剰な粘液を排出する効能があります。気管支炎や風邪の時によく使用されます。

 

症状

免疫低下、喘息、カラル症状、気管支炎、風邪

 

肌への効果効能

乾燥肌や老化肌やあかぎれなどに効果を発揮します。肌を潤し柔らかくする効能もあります。傷の回復を促進する作用もあり、傷ついた肌を若返らせてくれます。

 

症状

傷、手あれ、老化肌、皮膚真菌症、乾燥肌、シワ、たるみ

主な芳香成分

モノテルペン炭化水素類 α-ピネン25~35%、リモネン10~20%、パラシメン5~7%、β-ミルセン2~10%、サビネン~5%
モノテルペンアルコール類 α-テルピネオール 微量、リナロール 微量
セスキテルペン炭化水素類 β-カリオフィレン〜10%
オキサイド類 1,8-シネオール 微量

購入のポイント

価格:10mlで3000~7000円

産地や種によって香りと価格が異なります。

注意事項

  • 妊娠初期は使用を避けましょう。
  • 基本的な用量や使用法を守りましょう。

データ

学名 Boswellia carterii (ボスウェリア カルテリ)
科名 カンラン科
主な産地 ソマリア、インド、エチオピア、オマーン、イエメン
抽出部分 樹脂
抽出方法 水蒸気蒸留法、有機溶剤法
主な作用 鎮静、抗うつ、去痰、抗カタル、皮膚細胞活性、抗菌、抗ウイルス、抗真菌、免疫強化
ノート ベース
ブレンドファクター 3~4
主な使用方法 アロマバス、トリートメント、スキンケア、ヘアケア、芳香浴

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ