ゼラニウムの効果・効能

ローズに似た香りの中にミントを連想させるグリーンでハーバルな香り

ゼラニウムはローズゼラニウムとも言われる多年生草本です。果実の形がコウノトリのクチバシに似ていることからペラニゴニウムという属名がつきました。開花前の花と葉を収穫して1日放置した後に蒸留されます。

効果効能

心と体のバランスを調整する効果があります。情緒豊かに人生を楽しめるように手助けをしてくれる香りです。
 

心への効果効能

副腎や視床下部に刺激を与えてホルモン分泌や自律神経のバランスを調整してくれます。更年期の情緒不安定やストレス性の不調があるときに使用されます。

 

症状

興奮、不安、精神疲労、無気力、うつ状態、情緒不安定、ストレス、更年期

 

身体への効果効能

リンパや静脈に働きかけて体内の老廃物を排出を助ける効果があります。また、すい臓と肝臓を競争する働きもあります。排卵後や月経までの間にむくみやストレスを感じやすい人におすすめの香りです。慢性的に疲労感がある人にもおすすめです。

 

症状

むくみ、セリュライト、ダイエット、痔、月経不順、月経痛、PMS

 

肌への効果効能

シワやシミなどのアンチエイジング、皮脂バランスの調整作用がありスキンケアによく活用されます。乾燥肌と脂性肌の両方におすすめできます。収れんして止血する効果もあり傷や鼻血や痔の応急手当としても使用されます。真菌による水虫、あかぎれ、手垢にも効果があります。

 

症状

シワの予防、シミの予防、乾燥肌、脂性肌、ニキビ、手あれ、ヘアケア、傷、マメ、虫さされ、皮膚真菌症

主な芳香成分( )内はエジプト産

モノテルペンアルコール類 シトロネロール25~40%(35〜45%)、ゲラニオール20~30%(10〜25%)、リナロール5~15%(5〜10%)
エステル類 蟻酸シトロネリル5~15%(2〜10%)
アルデヒド類 シトラール 微量
オキサイド類 ローズオキサイド 微量

購入のポイント

価格:10mlで2600円〜3500円

産地によって香りが異なるので購入前に確認しましょう。

注意事項

  • 妊娠初期は使用を避けましょう。妊娠中期・後期は使用可能。

データ

学名 Peelargonium graveolens(ペラルゴニウム グラウェオレンス)
Pelargonium odoratissimum(ペラルゴニウム アスペルム)
科名 フクロソウ科
主な産地 マダガスカル、レユニオン島、エジプト、中国
抽出部分 花と葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な作用 鎮静、鎮痛、自律神経調整、抗うつ、抗痙攣、抗炎症、皮脂分泌調整、収れん、止血、抗菌、抗ウイルス、抗真菌
ノート ミドル
ブレンドファクター 3
主な使用方法 アロマバス、トリートメント、スキンケア、ヘアケア、芳香浴

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ