グレープフルーツ(精油)の効果・効能

リフレッシュ感がある果実そのものの香り

グレープフルーツは樹高6~8m程度にまで成長します。果実がぶどうの房のようになる様子がグレープフルーツという名前の由来。18世紀に西インド諸島のバルバドス島で発見されて世界中に広まりました。

効果効能

グレープフルーツは自信や元気を与えてくれます。落ち込んでいたり気分が重いときにおすすめです。また、食欲を調整してくれる作用も有名です。
 

心への効果効能

不安感や緊張感をほぐし多幸感を与えてくれる効能があります。交感神経が刺激されすぎているような時に使用するといいでしょう。甘いものをや食物を大量に食べることでストレス解消をしてしまう方におすすめです。

 

症状

落ち込み、自信喪失、食欲不振、過食、欲求不満、イライラ、不機嫌、不安、同様

 

身体への効果効能

血液やリンパの流れを促進して余分な水分や老廃物を排出する作用があります。香りを吸入することで脂肪燃焼を促進する効果もあります。主成分のリモネンには肝臓を強壮する効能があり、食べ過ぎにもおすすめです。

 

症状

むくみ、セリュライト、冷え性、肩こり、二日酔い、消化不良、肝臓不調、マタニティケア

 

肌への効果効能

デオドラント効果に優れており体臭予防に役立ちます。脂性肌をきれいにしてニキビを防ぎます。

 

症状

ニキビ、吹き出物、しみ、ヘアケア

主な芳香成分

モノテルペン炭化水素類 リモネン95~99%、β-ピネン〜2%、βミルセン微量、
ケトン類 ヌートカトン微量
アルデヒド類 シトラール微量、シトロネラール微量
フロクマリン類 ベルガモッチン微量、ベルガプテン微量
微量成分 オクタナール、デカナール

購入のポイント

価格:10mlで1600円〜2800円(食品添加物許可の精油は10mlで2200円)

アロマセラピー用には有機栽培、無農薬の原料から抽出された精油を購入するのがおすすめです。

注意事項

  • 高濃度で使用すると皮膚刺激が強いので敏感肌の方は要注意です。
  • 高濃度での長期連続使用は避けましょう。
  • 光毒性があるので塗布直後に日光に当たらないようにしましょう。

データ

学名 Citrus paradisi(キトゥルス パラディシ)
科名 ミカン科
主な産地 アメリカ、イスラエル、アルゼンチン、ブラジル
抽出部分 果皮
抽出方法 圧搾法
主な作用 抗うつ、神経強壮、精神高揚、健胃、駆風、食欲調整、血圧降下、うっ滞除去、加温、利尿、脂肪溶解、抗菌、抗ウイルス
ノート トップ
ブレンドファクター 4
主な使用方法 アロマバス、トリートメント、スキンケア、ヘアケア、香水、湿布、吸入、芳香浴

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ