マージョラム(スイート)の精油の効果・効能

温かみのある落ち着いたスパイシー調のハーバルな香り

マージョラムはもともと多年草ですが寒さに弱いことから一年草として栽培されるのが一般的です。草丈は20~50cm程でたまご型の葉と白い貝のような花をつけます。主にスパイスとして料理に使われますが葉をそのまま生で食されることもあります。

効果効能

胃腸の調子が悪く疲労がたまって肩などが凝っているときに効果を発揮する精油です。また精神疲労や無気力感にも役立つ香りで心を癒してくれる効能があります。
 

心への効果効能

副交感神経の働きを促進し自律神経系のバランスを調整してくれる効能があります。呼吸、消化、睡眠、食欲、性的な不調など様々な分野の不調に役立ちます。興奮や神経過敏で眠れなくなってしまっている時にほんのり香らせると良いでしょう。

 

症状

興奮、恐怖、不安、パニック、うつ状態、精神疲労、不眠、自律神経のアンバランス

 

身体への効果効能

自律神経のバランスを調整し血液循環、体温、血圧、心拍などを改善してくれる効能があります。また、炎症や痛みを抑え筋肉の凝りや痙攣を鎮める作用もあります。痙攣性の咳や月経痛、肩こり、腰痛、神経痛で悩んでいる時におすすめです。

 

症状

月経不順、月経痛、更年期、高血圧、冷え性、むくみ、動悸、頭痛、慢性疲労、胃痛、吐気、乗物酔い、腱鞘炎、関節炎、筋肉の痙攣、リウマチ、神経痛、肩こり、腰痛

 

肌への効果効能

抗真菌、抗菌作用があり動揺の効能をもつ精油とブレンドしてニキビや水虫のケアに使用されます。

 

症状

皮膚真菌症、脂性肌、ニキビ

主な芳香成分

モノテルペン炭化水素類 γ-テルピネン10~20%、サビネン2~10%、α-テルピネン2~10%、リモネン 微量、β-フェランドレン 微量
モノテルペンアルコール類 テルピネン-4-オール10~25%、α-テルピネオール 微量
セスキテルペン炭化水素類 β-カリオフィレン 微量
エステル類 酢酸テルピニル 微量、酢酸リナリル 微量

購入のポイント

価格:10mlで1800~3200円

注意事項

  • 車の運転など集中したいときは使用を避けましょう。
  • 妊娠初期は使用を避けましょう。中期・後期は使用可能です。

データ

学名 Origanum majorana (オリガヌム マヨラナ)
科名 シソ科
主な産地 エジプト、チュニジア、スペイン、フランス
抽出部分 花・葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な作用 鎮静、自律神経調整、精神安定、神経強壮、血圧降下、健胃、血流促進、抗痙攣、制淫、抗ウイルス、抗菌、抗真菌
ノート ミドル
ブレンドファクター 3~4
主な使用方法 アロマバス、トリートメント、スキンケア、ヘアケア、芳香浴

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ