オレンジ(精油)の効果・効能

スイートは果実そのままの甘い香り。ビターはふんわりとした苦味。

オレンジは樹高10mほどの常緑高木。果実からはオレンジ、花からはネロリ、葉からはプチグレンという3種類の精油を抽出することができます。オレンジにはスイート種とビター種(ダイダイ)が存在する。

効果効能

ほっとリラックスして安眠したい夜に最適です。スイートとビターで心地よいと感じた方を選びましょう。不安や緊張が強い時には精神を安定させる作用の強いビターオレンジがおすすめです。

 

心への効果効能

オレンジの香りは心をポジティブで元気な気持ちにしてくれます。ストレスが原因の食欲不振や不眠状態が続いて、自分自身を否定してしまうような気持ちになった時にはオレンジ(果実)だけでなく、ネロリ(花)やプチグレン(葉)を一緒に使用することをおすすめします。パニック障害の治療にはスイートオレンジがよく活用されます。
 
 

症状

精神疲労、落ち込み、うつ状態、不安、心配、パニック、登校拒否、過換気、めまい、不眠

 

身体への効果効能

胃腸の問題全般に効果があります。平滑筋の痙攣を抑えて腸の運動を活発化させ、消化液の分泌を促してくれます。乾燥させたオレンジの果皮は消化を促し胃の痙攣を抑える薬として昔から利用されてきました。胃痛や便秘、過敏性陽子症候群などの症状に効果を発揮します。 
また、血流促進作用があり冷え性にも効果があります。体の中心からくる冷えに特に効果があります。

 

症状

下痢、便秘、消化不良、腸内ガス、胃痛、食欲不振、冷え性、肩こり、腰痛、むくみ、マタニティケア

 

肌への効果効能

オレンジは毛根を刺激し育毛の効果が高いです、フケが気になる方にもおすすめ。老廃物が溜まり皮膚の表面がオレンジの皮のようになってしまうセリュライトのケアにも活用されます。また、ニキビや毛穴の広がりが気になる方には、収れん作用が期待できるのでおすすめです。
 

症状

育毛、脂性肌、皮脂分泌調整、セリュライト

主な芳香成分( )はビター

モノテルペン炭化水素類 リモネン95〜98%(80〜95%)α-ピネン2〜5%(〜2%)、 β-ピネン2〜5%(〜2%)
フロクマリン類 ベルガプテン
微量成分(ビター) リナロール、ゲラニオール、シトロネロール、ネロール、酢酸ゲラニル、酢酸ネリル、β-ミルセン、酢酸リナリル、シトラール、シトロネラール

購入のポイント

価格:10mlで1600円〜2000円

注意事項

  • 高濃度で使用すると皮膚への刺激が強く敏感肌の方は要注意。
  • 光毒性があるので塗布直後は日光に当たらないようにしましょう。

データ

学名 Citrus sinensis(キトゥルスシネンシス)スイート
Citrus aurantium(キトゥルスアウランティウム)ビター
科名 ミカン科
主な産地 イタリア、スペイン、ブラジル、アメリカ
抽出部分 果皮
抽出方法 圧搾法
主な作用 精神高揚、抗不安、鎮静、神経強壮、健胃、食欲増進、鎮痛、消化促進、加温、抗菌、抗ウイルス、解熱、抗痙攣
ノート トップ
ブレンドファクター 4
主な使用方法 アロマバス、トリートメント、、スキンケア、ヘアケア、香水、湿布、芳香浴、吸入

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ