気をつけたいエッセンシャルオイル(精油)の毒性・副作用

アロマテラピーという言葉が流行するにしたがって、一般の家庭でも香りを楽しもうという雰囲気が高まってきてきました。加湿器と芳香拡散の両方の役割を持ったポップなデザインのアロマディフューザーをご家庭で使用されている方も多いのではないでしょうか。アロマテラピーは心身をリラックスさせる癒やし効果があるというイメージが強く、それに伴って香りの元となるエッセンシャルオイル(精油)も無条件で身体に良い物として思われがちです。しかし、エッセンシャルオイル(精油)の中には毒性を持ったものもあり、取り扱いに注意が必要なものが存在します。こちらでは、エッセンシャルオイルの持つ毒性にはどのようなものがあるか、そして具体的な精油名を紹介していきます。

光毒性

光毒性とは、紫外線と反応して赤みやシミ炎症を誘発する毒性のことです。

■光毒性のある精油
・ベルガモット(0.4%)
・アンジェリカ・ルート(0.78%)
・レモン(2.0%)
・グレープフルーツ(4.0%)

*( )内の数字は光毒性を発揮する精油濃度

光感作性

皮膚に塗布したエッセンシャルオイル成分が体内に入っていき、光が当たることによって特定の抗原に対して反応し、アレルギー症状を起こすことです。

■光感作性の危険がある精油
・アンジェリカ
・ビターオレンジ
・ベルガモット
・ライム
・レモン

経口毒性

飲用した精油の成分が消化器官から吸収され血液を通じて体内を循環し、全身に与える毒性のことです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ