精油(エッセンシャルオイル)の抽出方法まとめ

精油(エッセンシャルオイル)には4つの抽出方法があります。

①水蒸気蒸留法(すいじょうきじょうりゅうほう)
②有機溶剤法(ゆうきようざいほう)
③圧搾法(あっさくほう)
④冷浸法(れいしんほう)

植物の特徴によって最も適した方法で精油が抽出されています。それぞれ詳細を解説していきます。

①水蒸気蒸留法

精油の抽出方法の中で最も一般的な方法が水蒸気蒸留法です。ほとんどの植物にこの抽出方法が使われています。原料となる植物を釜に入れて水蒸気を吹きこませて加熱します。水蒸気の熱で精油を蓄積していた細胞が壊れ、中の精油が放出されて揮発(気化)します。気化して釜の上部に集まった精油の蒸気と水蒸気を、冷却管に通して冷やすことで液体化。最終段階で水に溶けずに浮いてきた精油を採取します。残った水には精油が若干ではありますが溶け込んでいおり、この水は芳香蒸留水と呼ばれて化粧水などに使用されます。原理は簡単ではありますが植物によって時間、温度、圧力など最適な蒸留条件が違うため熟練したスキルが必要になります。

②有機溶剤法

ジャスミン、ローズなどの花や樹脂の芳香成分を溶剤で溶かして抽出する方法です。原料となる植物を石油エーテルやヘキサンなどの有機溶剤に浸した後、溶剤を蒸発させると「コンクリート」が残ります。コンクリートをアルコールに混ぜて芳香成分だけを抽出し、最後にアルコールを除いて精製したものが「アブソリュート」です。樹脂が原料のものを「レジノイド」と呼ぶことがあります。この方法だと水蒸気蒸留法では抽出されにくい成分や色素、ロウ成分なども含まれ生産量も少し増えます。

③圧搾法

圧搾法とは柑橘系の果実の皮を搾って芳香成分を抽出する方法です。加熱はしないので自然な香りをそのまま抽出できます。圧搾方法で抽出されたものは性格には「精油」ではなく「エッセンス」と呼ばれます。高品質のものは果皮と果実を分けて果皮だけを圧搾し、エッセンスを抽出します。

④冷浸法

ラードが芳香成分を吸着する性質を利用した伝統的な方法です。近年ではあまり行われなくなりました。十分芳香成分で飽和したラードを「ポマード」といいます。ポマードをアルコールに混ぜて芳香成分を抽出し最後にアルコールを除いて精製したものもアブソリュートです。溶剤抽出したものと区別してシャッシ−アブソリュートと呼ぶこともあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ