アロマテラピーとは

アロマテラピーとは

アロマテラピーとは、植物の香りを抽出した精油を使って様々な心身の不調を癒やす芳香療法のことです。私たちはさまざまなストレスに影響を受けながらて生きています。アロマテラピーはリラックスやストレス治療、美容や疲労回復の手助けとしてその効果が認められています。アロマテラピーを日常生活に活用することで心と身体のバランスを取り戻すの手助けとなります。

アロマテラピーの由来

アロマテラピーという言葉はフランス語の「aroma」と「therapie」を組み合わせて生まれた造語です。フランスの化学者であるルネ・モーリス・ガットフォセによって作られた言葉です。1910年に研究室で火傷を負ってしまい、傷跡にラベンダー精油を塗布し驚くほどきれいに治癒した経験から治療法を研究し始めたと記録されています。

アロマテラピーの定義

公益社団法人 日本アロマ環境協会では「アロマテラピー」を次のように定義しています。

アロマテラピーは精油を用いてホリスティック(※)な観点から行う自然療法である。
アロマテラピーの目的は以下のとおりである。

1.リラクセーションやリフレッシュに役立てる
2.美と健康を増進する
3.身体や精神の恒常性の維持と促進を図る
4.身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す

*ホリスティックとは、 「全体」「つながり」「バランス」 といった意味

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ