プルースト効果とは?香りと記憶の不思議なメカニズム

あなたはこんな体験をしたことはありませんか?

・元恋人がつけていた香水の匂いを偶然嗅いで、昔のことを思い出してしまった。
・線香の匂いを嗅ぐとおばあちゃんと遊んだ記憶を思い出す。

ある匂いを嗅ぐことで、結びついている記憶を思い出すことをプルースト効果と言います。
このプルースト効果についてこのページでは解説していきます。

プルースト効果とは

プルースト効果とは特定の香りを嗅ぐことで、その香りに結びついている記憶た感情が呼び起こされる現象のことです。フランスの文豪、マルセル・プルーストの「失われた時を求めて」という作品に登場する主人公が、紅茶にひたしたマドレーヌの匂いをきっかけに幼少時を思い出す描写から名付けられました。

プルースト効果のメカニズム

プルースト効果は嗅細胞から伝わった信号が嗅皮質を経て海馬を活性化することで起こるとされています。海馬は直近から過去二年ぐらいまでの短期記憶を蓄積する機関です。海馬を通じて香りの情報は大脳新皮質に伝わって格納されます。匂いの記憶は脳のあちこちに収められていて、匂いの刺激によりその匂いと結びついた記憶を即座に引き出す効用があると研究されています。ただ、全てのメカニズムが解明されているわけではなくまだ謎のベールにつつまれている部分も多いです。

プルースト効果が秘める可能性

このプルースト効果を活用することで私達には様々なメリットがあります。
例えばこんなことにプルースト効果は活用できるのではないかと考えられています。

新しい記憶術の開発に役立つ?

受験勉強や資格の勉強など、何かを記憶する必要があるときにプルースト効果を活用できます。例えば暗記の際に何か特定の匂いを用意してお勉強中はその匂いき嗅ぎ続けます。そして試験本番にその香りを衣服やハンカチなどに染み込ませておけば、香りが試験の回答に必要な記憶を呼び起こしてくれます。

認知症への効用

認知症の方に、その方の懐かしい想い出と結びついた香りを嗅がせたところ今までは全く思い出せなかった家族のことなどを思い出した、という症例が数多く報告されています。このようにプルースト効果を活用すれば認知症の方や記憶喪失の方の治療に大きく貢献することができるのではないかと考えられています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ