お香の種類

直接火をつけるお香

直接火をつけるタイプのお香。手軽で使いやすく初心者の方にピッタリです。

スティックタイプ

お香といえばこの形。一番ポピュラーなお香の形ですね。燃える時間はお香の長さに比例します。燃えている面積は均一なので、香りは均一に広がるという特徴があります。

円錐タイプ

円錐の先端に火をつけて使用します。燃え進んで火が下にいくほど燃焼面積が広くなり香りもだんだんと強くなります。短時間で香りを広げてい時に使用します。灰がその形のままで残るので散らばらないというのも一つの特徴です。

渦巻タイプ

蚊取り線香が渦巻タイプの代表です。燃焼時間が長いのが特徴で、広い場所で使用するのに向いています。

火をつけず使用するお香

火を使わず常温でも香るように作られたお香です。火を使う必要がないので安全で手軽に使用することができます。

匂い袋・香り袋

匂い袋とはにおい香(丁子・甘松・竜脳・白檀などの香料を細かくして合わせたもの)を袋の中に入れたものです。用途は様々で、洋服のポケットに入れたりバッグの中に入れたり、タンスに入れておいて服に香りをつけるという使い方もできます。匂い袋は防虫効果もあります。持ち歩いて使用する人も多く、香水やコロンとはまた違うゆったりとした香り方が魅力です。

間接的に熱を加えるお香

熱した灰などの上に乗せたりと間接的に熱を加えて使用するお香です。一般的な家庭では使用されるケースは少なく茶の湯の席などで使用されることが多いです。

練香(ねりこう)

練香とは粉末状にした香木やスパイスなどの香料をハチミツや梅肉などで練って、壺の中で熟成させた小さなボール状のお香です。熱したお香用の炭(チャコール)や熱灰の上などで間接的に熱を加えて使用します。

印香(いんこう)

印香とは、調合した香料を花の形や葉っぱの形などの型に当てはめて作られた小さいお香のことです。形もさることながら色も豊富で見た目が美しく贈り物などに人気です。湿気を吸いやすく保管には注意が必要です。

香木(こうぼく)

香木とは東南アジアを中心に自生している沈丁花科アキラリア属の植物などが病気など不健康状態になり、その進行を防ぐために香りのある樹脂を出してそれが固まった木のことです。水に沈んでいるものは沈香(じんこう)と呼ばれ、白檀(びゃくだん)と並んで有名です。香木は堅く比重の大きいものほど良い物と評価され特に評価の高いものは伽羅(きゃら)と呼ばれ高値で取引されています。

香木も熱灰を利用して炊きますが温度の調整が難しく、温度が高過ぎると香木自体が燃えてしまい焦げ臭く温度が低すぎると香りが広がりません。このため香木は使用が難しく炊き方を覚えまで時間がかかります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ