茶香炉の効果的な使い方と注意点

茶香炉を買ったけどどうやって使うんだろう?そんなあなたのために、茶香炉の使い方やコツと使用時の注意点を解説していきます。

ステップ1:安全な使用環境を確保する

まずは茶香炉を安全に使用するための環境を整えます。茶香炉は火を使うため誤った使い方をすれば火災の恐れがありますのでこのステップ1は非常に重要です。以下の注意点に従って安全な使用環境を確保しましょう。

  • 平らな場所に茶香炉を置く
  • カーテンや紙など周囲に燃えるものがない
  • 子どもやペットが触れない場所に置く

ステップ2:上皿にお茶っ葉をセットする

茶香炉の上皿にお茶っ葉を濡らさずそのままセットします。量は大さじ1杯程度(5g)で構いません。上皿とお茶っ葉の間にアルミホイルを敷くとお茶葉が焦げずに香りが長持ちするのでおすすめです。

<応用編>
応用編としてお茶っ葉ではなく、コーヒー豆やハーブ等も使用することが出来ます。お茶っ葉に飽きてきたら色々なものを香材として使用してみましょう。個人的にはコーヒー豆がおすすめです。

ステップ3:ロウソクに火を付ける(電源をつける)

次にロウソクに火をつけて加熱を開始します(電気式茶香炉の場合は電源を入れるだけ)。加熱を始めると部屋中に芳ばしいお茶っ葉の香りが広がります。ロウソクは茶香炉専用ロウソクを使用することをおすすめします。茶香炉専用のロウソクは煙が少なく、火が強くなりすぎないように設計されているため非常に使い勝手が良いです。もし、茶香炉専用のロウソク以外のものを使用する場合は、火が強くなりすぎないように芯をカットして火力を調整しましょう。

<注意点>
・高温になるので上皿には直接触らない
・上皿が割れてしまうので水はかけない

ステップ4:火を消した後は焙じ茶として味わう

使い終わった後のお茶っ葉は焙じ茶として味わうことができます。茶香炉で加熱をすることで緑茶のカフェイン成分を蒸発させることができ、また焙じ茶特有のリラックス効果を楽しめます。鼻からはお茶の香りを、口からはお茶の味を楽しんでください。

まとめ

ステップ1:安全な使用環境を確保する
ステップ2:上皿にお茶っ葉をセットする
ステップ3:ロウソクに火を付ける(電源をつける)
ステップ4:火を消した後は焙じ茶として味わう

安全に注意を払って茶香炉ライフを満喫してください。

One Response to “茶香炉の効果的な使い方と注意点”

  1. 小林 仁麿 より:

    有田に出張の際求めた茶香炉を初めて使ってみました。こちらの記事が参考になりました。早速普通のろうそくでやってみましたが、とても落ち着きます。 茶香炉専用のろうそくがなく、記事を参考に作ろうと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ